日常は穴だらけ

クセがクセを呼び嵐になるぞ


折坂悠太 - 犬ふぐり - YouTube


折坂悠太 - 芍薬 (Official Music Video) - YouTube

クセがすごい

舌を曲げて天井につけてる声がする

なんちゅー歌いかただ

舌の筋肉りゅうりゅうと思われ

恋の歌うたいだしたとたん星野源みたいに上行きそう

 だからザワザワする

嵐の前の静けさする

 

人のクセ欲してる

クセを探し求めてる

 クセがあるひとって特別

 

邪魔であり必要な

よく、車からひとをみてます。

あのひと気になるなーと全身をみたいんだけど、うまい具合に電信柱があって、お互いの速度が一緒で結局みれなくて損した気分になる、あるある。

だから、電信柱が地面の中に逆に生えて作ってたらよかったなーって思うこともあるんだけど、そしたら今度は鳥と電信柱の感じが見れなくなるし、電信柱に貼られた広告が見れなくなるからそれはそれで困る。

さてと。

こちら埼玉。

風がすごくて、花々や木々や土や砂や花粉や、飛び散りまくりで、目に色々入ってきてさ。

でかめのキレイな花がもげまくり。

 

桜もいつかに見た時は満開手前で、最近もう一度見た時には散っていた。

こんなに儚かったのかと。

 

こちらに来てから当然、会う人全員知らない人で、どこにいっても同じようなかんじなんだなーと。

 ただ、都会に近い田舎と、田舎に近いびみょーな栄えたまちの人々はどこかすこし違う。

 

又吉ににた人と友達になって、そしたら中身は綾部で、ひとりピースで。

都会はすごいよ。二人一役だもの。

 

動物園にも水族館にも行った。


要約、私はこちらで楽しんでます。

フリマ

きょうはビックフリマに出ました。


f:id:anmoblog:20171217212933j:image

f:id:anmoblog:20171217212910j:image

毎回このようなイベントに出展すると、一個も売れずに終わる気がするけど、なんだかんだ買ってもらえてありがたいでーす!

ありがたやありがたや。

 

ひまなとき、探偵ナイトスクープをみて過ごしたけど、カンガルーの袋のにおいを嗅ぎたいひとの回が最高に面白かった。

くしの臭い方が絶妙にキモくて笑った。

臭い系の回はたまらない。

 

フリマの話に戻りますが、出展者の方とお客さんがすっごい怒鳴りあってて。

 

『だから、買わなくていいっつってんだろーがよ!!!』

『なんでだよ!なんとかどーとかだろーがよ!』

ってなかんじで、回りのひとも見て見ぬふりするけど全員注目してるかんじ。

そのかんじをみて、思い出した。

伊集院光の『のはなし』の中のエッセイの、フリマのはなしもこんなんだった。

 

最近、他人の喧嘩良く見るな~。

恰幅のいいおじさん同士ばっかりだけど。

 

他人の喧嘩もたまらない。

お金払ってでもいいから観たい。

 

 

うるせーやつら


f:id:anmoblog:20171025133152j:image

今日は布に色塗りした。びゃーびゃー鳥が外の真横で喧嘩してた。遠くの方に移動してもまだ喧嘩してた。うるせーやつらだった。

お知らせです。マスマス市2017秋

https://ng-life.jp/food/9929/

新発田の金升酒造で行われるマスマス市

2017.10月29日(日)に出展します。

10時~16時です。

物販と似顔絵します。

雨天決行です!私は蔵の中です!

金升さんのお酒美味しいのでぜひ飲みにきてほしいです。

甘酒あんまり好きじゃないけど金升さんの甘酒は美味しいので好きです!

すぐなくなるので注意!

お待ちしてます!

釣りとCITY


f:id:anmoblog:20171002205950j:image
今日は初の釣り。

あじとかふぐとか釣れた。

ふぐはかわいいけど食べれないから逃がす。


f:id:anmoblog:20171002205855j:image
f:id:anmoblog:20171002205938j:image

 

なかなか釣れないな~。

あきらめてたある時シマダイを釣った。

でかすぎるのとこんなしましまの魚でこんな魚がこの世にいるなんて思ってもみなくてたじろぎまくった。

自分がいかにシティで甘やかされてるか思い知らされた時間だった。


f:id:anmoblog:20171002210504j:image

 

その釣り場所にもまた、主がいて、やり方や、魚の名前を教えてくれた。

潮の匂い。ぬめぬめの魚。おやじたちはもくもくと魚を釣っていた。

釣れるとたのしい。けど、痛々しい。口にピアスしてる人見るときと同じ顔で魚の口から針をとった。


f:id:anmoblog:20171002210740j:image

シマダイに、つぎ出会ってもたじろがないように、きろく。